経費削減WIN!の考え方・こだわり

ホーム > 運営会社情報 > 経費削減WIN!の考え方 

経費削減WIN!誕生秘話

◆設立背景

代表の横山がまだ会社員の頃、所謂「ブラック企業」で通信OA機器の営業マンとして朝8時~夜11時過ぎまで働いていました。その会社は「お客様本位<自社本位」で騙されるほうが悪い!」という社風でしたが、営業力があり、自身を含め皆が社畜のように働いていたので、業績は良く上場も果たすような会社でした。

 

せっかくご契約頂いても、お客様からのお電話は殆どがクレーム電話。3日坊主(受注0件)だと罵倒される社内環境。今日も社内のどこかで誰かが誰かを理不尽に怒っている・・・。

 

心身ともに疲れ、この仕事を続ければ続けるほど人でなくなる気がして、当時、結婚を考えていた彼女(今の妻です)の知合いにも「どんな仕事をしているのか?」伝える事が出来ない事に違和感を感じ、ブラック企業を退職しました。(今になって考えると、メンタルは相当鍛えられましたが笑)

 

 

「どうせなら、明確な削減根拠を示せて、試算結果通りちゃんと削減ができる。そんな仕事をしたい。それだったらお客様からのお電話に出られるし、お客様にも喜んで頂ける。自信をもって仕事に打ち込む事ができる!!」

 

そんな想いから、有限会社えんがわを2006年に設立しました。社名が「経費削減WIN!」では無いのは、社名にはサービス名よりも「理念や想い」を込めたいと考えたからです。(社名の由来は直接代表と会った時に聞いてみて下さい。喜びます。)

 

 

◆経費削減WIN!の誕生まで

設立当初は、電力会社内での料金プラン見直し業務からスタートしました。その後、LEDやデマンド監視装置、電子ブレーカー等の省エネ機器販売に業務を拡大していきましたが、どの業種でも有りがちな競合他社との「相見積もり競争」に陥ってしまいました。お客様側からすれば、弊社は数多くある省エネ会社の1社でしかありません。たとえ受注したとしても価格を叩かれ、利益も殆ど残らない状況が続きました。

 

「今のお客様と弊社との関係性は、設立当初に思い描いていた関係性なのだろうか・・・。いや、違う。」「競合他社ではなく、協業他社として、いろんな会社と提携できないだろうか?」「経費削減は良い事なのに、何かしらの原因で実行されないお客様がいらっしゃるのはどうしてだろう?」「お客様の経費削減に対するイメージはどうなんだろう?」

 

 

連日連夜、社内で話し合いました。お客様にも色々ヒアリングしました。

 

結果、「経費削減」はあまりイメージが良くない事が分かりました。それは当然です。代表が会社員時代に所属していた会社然り、「経費削減=詐欺・騙される」と言った悪例がニュースになるくらい多発しているのですから。また、情報があまりにも多くなり過ぎた為に、逆に取捨選択し辛くなってしまい、何が正しい情報か分からない状況も起こっていました。経営者としては、利益を出す手段として、どうしても「守り」の経費削減よりも「攻め」の営業・売上UPに力を入れるのも致し方ない事です。

 

であるならば、弊社がお客様の経費削減担当者として、業者との折衝や情報の精査を行い、きちんとした経費削減対策を責任をもって実行すれば良いのではないだろうか?削減対策実施後に、本当に言った通り削減できているのか確認(検証)する所まで行えば、お客様としても「時間がかかる煩わしい作業を代行してやってくれ、結果検証までやってくれるなら安心だ」となるんじゃないだろうか?

 

 

代表がブラック企業で働いていた経験上、情弱ユーザーは都会より地方の中小企業の方が圧倒的に多いです。営業力が強い会社の営業マンに掛かれば、情報に疎い地方の中小企業の経営者は騙されてしまう危険性は残念ながら高いでしょう。毎日、死ぬ物狂いで会社を経営している中小企業が、少しでも利益を生み出せたらという願いから経費削減を依頼したのにも関わらず、その想いを踏みにじられ騙される。

 

そんな悲劇を防ぐためにも、自分たちが経費削減担当者として地域の中小企業に寄り添い、しっかり情報を精査し、業者と折衝し、結果にコミットする。これなら地域の中小企業の皆さんにも安心してもらえるのではないだろうか・・・。もちろん、ボランティアではないので、お客様からは削減額から成功報酬を頂戴する。言うなれば「ほけんの窓口の経費削減版」

 

 

そんな想いを旨に、「固定費0円!!地域の中小企業に寄り添う経費削減担当者であり続ける」という経費削減WIN!のミッション(コンセプト)が誕生しました。

 

経費削減WIN!開始当時は削減項目が電気だけでしたが、今では約20項目以上もの経費削減対策や補助金申請を、成功報酬で実施する事で、地域の中小企業の利益を生み出すお手伝いをさせて頂いております。

お客様に対しての考え方

私共は、イチ業者としてお客様に提案は致しておりません。お客様の会社の経費削減担当者として、ご依頼頂いた削減項目の経費削減診断から報告書の作成、削減対策の実施、実施後の検証までを責任をもって行います。経費削減担当者ですので、交渉先の見積り提案書も報告書提出時に全て添付しております。

 

経費削減担当者としての業務を遂行するにあたり、お客様にお願いがございます。

 

経費削減WIN!の診断結果について、第3者への開示やキャリア・メーカー等への直接のご連絡をしてしまいますと、本サービスの遂行に支障をきたし、お客様の不利益になる可能性がございますので、お止め下さい。同業他社による本診断結果の商用利用転用もご遠慮願います。

加盟店・取次店に対しての考え方

「地域の中小企業に寄り添うのは、その地域と関りがある人や企業の方が良い。」という考え方のもと、私共が支店展開を行うよりも、地域に根付いた人や企業の皆様に、「あなたの街の中小企業に寄り添う経費削減担当者」になって頂きたいと考えています。

 

「加盟店+取次店+運営事務局=経費削減WIN!」です。従いまして、私共は加盟店・取次店の皆様の事を外部の協力先とは考えておりません。一つのチームとして考えております。

 

経費削減WIN!の活動を行う上でご質問や改善要望等ございましたら、お気軽にご相談ください。逆に、事務局側からも様々な依頼をさせて頂きます笑。

協力会社や提携先に対しての考え方

「経費削減WIN!誕生秘話」にも記載していますように、競合他社ではなく、協業他社として、様々な企業との業務提携やアライアンスを考えております。弊社は省エネ機器販売会社でも無ければ通信機器販売会社でもございません。客観的な立ち位置で、お客様にとって適正な削減対策を見極め、切替手続きまで責任をもって実施している「経費削減担当者」です。

 

経費削減アイデアやサービスは随時探しております。御社の商品やサービスを経費削減WIN!にご紹介ください。

【経費削減WIN!対応エリア】

◆東海エリア

愛知県(名古屋市・東三河・西三河・尾張)/岐阜県(岐阜地方・東濃・中濃・西濃)/三重県(北伊勢・中伊勢・南伊勢・尾鷲)/静岡県(西部・中部)

◆関東エリア

東京都(23区・23区外)/千葉県/神奈川県/埼玉県

◆関西エリア

大阪府/京都府/滋賀県